スポンサードリンク

トップ > サラリーマン不動産投資日記 > 不動産投資顧問業ってなにをする会社なの?

不動産投資顧問業ってなにをする会社なの?

不動産の投資顧問業という職業を知っていましたか。

不動産の投資顧問業というのは、不動産投資を専門にしている会社、たとえば不動産投資ファンドなどのことです。

こうした不動産投資ファンドは、不動産を預かり運用したりといったことができるよう、国から許可を得ています。つまり、不動産投資のアドバイスや運用の代行も勝手にしてはいけないということです。

不動産投資顧問業というのは、顧問という名前だけから考えると、相談役のような印象を受けます。しかし、実際には、不動産の運用や、投資対象の選定などさまざまな業務を積極的にこなしていくアクティブな仕事なのです。

まさに不動産投資のプロ集団ですね^^

身近な不動産開発にも不動産投資顧問会社が参画しているケースがあるので、工事の表示などを見てみてください。

不動産投資顧問業では、企業や個人の不動産投資のアドバイスだけではなく、委託された不動産のマネジメントもしています。

企業によっては資産運用先として不動産を取得していることがありますが、社内で専属の運用者を置くことができない場合には、不動産投資顧問に運用を委託することがあります。

不動産投資顧問業は、不動産投資のプロフェッショナルとして、REITの運用などをしています。表立って不動産投資顧問業が取り沙汰されることはありませんが、不動産投資信託などを買うことで、間接的に多くの人が不動産投資顧問の仕事にお世話になっています。

また、そうした資金が都市開発などに振り向けられて、人々の生活を変えているんです。

不動産投資をする上でこうした不動産投資顧問業について知っておくことも重要ですね。
このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

スポンサードリンク

不動産投資を学ぶサラリーマン日記について

不動産投資をしているサラリーマンです。主婦やサラリーマンなど初心者の不動産投資家向けに今まで学んだことをまとめてみました。これから不動産投資を始めてみたいと思っている方はぜひどうぞ♪

検索
 
最近の記事
プロフィール
名前:鷹箸 統
一言:サラリーマンの不動産投資家です。不動産投資について日々学んだことを発信しています。よろしくお願いします^^
カテゴリ
過去ログ
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。